高槻市 小阪工務店へのお問合せ

小阪工務店では、「住まいの想い」を共感する家づくりをモットーとしております。

小阪の仕事

「住まいの想い」を共感する家づくり―小阪工務店

小阪工務店は大正4年(1915年)の創業以来、高槻市を中心とした北摂地域で、個人住宅(戸建て)の建築や、校舎などの公共施設、商業ビル、マンション・アパート、病院・医療施設の建築に携わって参りました
在来工法を用いた木造の日本家屋・神社・仏閣の新築等に定評があるものの、そうした在来工法のみにとらわれず、時代の変化に合わせ、新しい工法を積極的に取り入れております。
また、新築だけではなく、リフォームや新たな価値を生み出すリノベーションまで幅広く取り扱っています。
今までお付き合いいただいている建築主様から、小阪工務店へメッセージをいただいておりますので、ご紹介いたします。

<最新事例>

  • 木目や壁材にこだわった家作り
  • 室内に子供が走り回れる
スペースを実現
  • テラスと吹き抜けのあるお家
  • 現状の建築物を補強、補修して一新

自然素材の木目や壁材にこだわった家作り

以前の住居が古くて、冬がとっても寒かったので温かい家にしたかった。奥様からはシックハウスも気になるので、自然素材を活用した作りを目指しました。特に階段の昇り降りが安全になるように、階段を広めにしています。

いろいろハウスメーカーを廻ってみましたが、要望について、対応しきれない部分があり、どうもすんなり進まない。

そんなとき、昔から地元の工務店として知っていた弊社にご相談に来て頂きました。

室内に子供が走り回れるスペースを実現

富田町病院で働く職員のお子様を預かる院内保育園をこの場所で30 年近く行って参りました。建物が老朽化してきたことで、「企業主導型保育事業制度」の許可がおりたこともあり、新しく保育園を建てることとなりました。

せっかくつくるのならば、今迄の院内保育に加え、地域に開かれた保育園として、地域のお子様も受け入れることと致しました。ポイントとしては、富田のもつ歴史的な背景、雰囲気を大切に、地域のシンボルになるように建物をデザインすること。
地域に開かれた保育園として、富田の街に馴染むデザインで、全面漆喰塗装による子供達の健康に配慮した保育園として、2019年10月オープン致しました。

二階に上がってみると、片方の天窓から空が見えるようになっているんですが、それも子供達が空を眺められることで、自然と一体になる感覚を持って貰うことを意図して作りました。その想いが、保育園の名称である「そらいろ」に反映されております。

施工の重要なポイントは木造建築としては、レアな物件( 特殊工法<NK 工法>)で子供達が走り回れる大空間を作りました。

テラスと吹き抜けのあるお家

バルコニー付で採光◎な住宅施主様が設計士で自分の家を設計されたことで、各所に素敵なこだわりを持たれておりました。

中央部分にテラス・バルコニーを取り、テラスに面した部分に大きなサッシを設けることで、内部に十分な採光が取れるよう設計されています。

又、収納スペースを随所に取入れることで、十分な収納力で細かい点にもこだわりを持たれた設計となっております。

JAたかつき店舗改修工事

  • 小阪のヒストリー
  • 弊社所有物件
  • 小阪の作ったランドマーク