ありがとう西武、ようこそ阪急!

 カテゴリ/高槻歳時記 投稿日/2019-09-28

JR高槻駅前にある西武高槻店。
高槻市民にとっては、おなじみの存在です。
小さい頃、家族に連れられて屋上に遊びに来たり、通勤通学の市バスや電車を待つ間にふらっと立ち寄ったり…。
いつも私たちの身近にあった西武高槻店が、令和元年9月30日、45年の歴史に幕を下ろすことになりました。

高槻歳時記の写真1

実は40代の筆者、まさに西武と一緒に成長してきた世代といっても過言ではありません。
閉店まであと数日となった、平日の10時、最後のお別れをしようと、西武高槻店にやってきました。

高槻歳時記の写真2

西武といえば、「青」のイメージでしたが、いつの間にか外装工事も進み、少しずつ「阪急カラー」にお色直し。
「SEIBU」の看板も見納めかと思うと、思わず感傷的な気分になってしまいます。

高槻歳時記の写真3

消費税率アップ直前ということもあるのでしょうか。
10時の開店直後だというのに、たくさんの人が訪れます。
 
店内に入ると…ビックリ!

高槻歳時記の写真4

特設されたメッセージボードには、高槻市民の熱い思いがギッシリと書き込まれていました!!
「ありがとう」「さみしいよ」「ぜったいに忘れない」…。
ひとつひとつのメッセージを読んでいると、西武高槻店での様々な思い出がよみがえってきます。
高槻の人々にとって「西武」は、「ただ買い物をする場所」というだけではない、「幸せの象徴」のような存在だったのかもしれません。
 
これからは、その大切な役割を高槻阪急がしっかりと担ってくれることでしょう。

高槻歳時記の写真5

高槻阪急のオープンは、令和元年10月5日。
オープン初日はもちろん、10月中は「誕生祭」と銘打って、色々なイベントが企画されています。

高槻歳時記の写真6

西武高槻店のシンボルだったあのグランドピアノも、10月5日限定で復活するそう。
10月5日(土)~14日(月・祝)には、「高槻今昔写真展覧会」も開催されます。
新しく生まれる阪急で、これまでの高槻の歴史を懐かしんでみてはいかがでしょうか!?
 
阪急といえば、気になるのが「デパ地下」。
梅田にある本店では、2フロアを占める充実した食品売り場が阪急の特徴でもありますよね。
この日はまだ、「西武」でしたが、すでに続々と新しいお店がオープンしているようでした☆

高槻歳時記の写真7

おなじく地下にある関西スーパーもリニューアルオープンするそうです!

高槻歳時記の写真8

さあ、10月5日まであとわずか。
最後にもう一度西武とお別れをしたいという人は、営業時間等に変更がありますのでご注意ください。

高槻歳時記の写真9

ありがとう、西武。
ようこそ、阪急!
高槻は、関西のデパートの雄・阪急を迎え、いっそう便利で暮らしやすい街へと発展していくことでしょう。

高槻歳時記の写真10

 カテゴリ/高槻歳時記 投稿日/2019-09-28

『高槻歳時記』の一覧