『耐震工事(耐震リフォーム)』リフォームのポイント

地震から命を守るためには、建物の倒壊を防ぐことが第一です。しかし、昭和56年(1981年)6月以前に建設された古い住宅では耐震性が現在の基準に比べて低いものが多く、大地震が起こったときに倒壊する危険性があります。補強工事で住宅の耐震性を高めて、あなたと家族の命や財産を守るのが「耐震リフォーム」です。

耐震リフォームには、以下のようなものがあります。
●基礎部分を補強
●屋根瓦や床材を軽くする(固定荷重を少なくする)
●壁を増やしてバランス良く配置
●筋かいを入れたり、構造用合板を貼って壁を補強
●柱と梁、土台と柱、筋かいと梁などを金物でしっかり固定 など
※まずは耐震診断でお住まいの耐震性能をしっかり把握し、それにあった適切な耐震改修をおこなう事が重要です。

> 耐震診断とは   > 自己診断10のチェック

耐震工事(耐震リフォーム)の施工事例

サーバメンテナンスの実施に伴い、平成29年9月26日(火) 6:00 ~ 8:00の間、サービスを一時停止させていただきます。
ご不便、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようよろしくお願いいたします。