野田町Y様邸外装改修工事

完成/2021年2月完成 カテゴリ/個人住宅(戸建て)、屋根・外壁・外構、リノベーション・老朽化対策 投稿日/2021-04-03

建物外部の改修(メンテナス)工事のポイント

建物を新築してから年数が経過すると、外部のメンテナンスが必要となってきます。(雨漏れなどの症状がなくても、この先何十年と建物を維持していくうえでは症状が出る前には行うことが望ましい。各部位によってメンテナンスの時期の目安があります。)

(参考)
メンテナンス内容・時期
外壁塗装 築10~20年
屋根塗装 築10~20年
雨樋交換 築20年

 
また、外壁塗料の種類によっても耐用年数が変わってきます
塗料耐久性(耐用年数)
アクリル系塗料   4~7年
ウレタン系塗料  6~10年
シリコン系塗料   8~15年
フッ素系塗料   15~20年
※耐用年数が長くなる程塗料の性能も高く・値段も高くなってきます 
各部位のメンテナンスと塗料の耐用年数を考慮すると
最近は、シリコン系の塗料が主流になってきました。
 

After

外壁や木部がとても色鮮やかになり新築当時のようにすっきりとした仕上がりになりました。ご家族の皆様に喜んでいただける事ができてとても良かったです。

リノベーション・老朽化対策の写真2

Before

約16年前に弊社で建築させて頂いたお施主様宅の外壁、屋根、木部(ルーバー格子)の塗装、取り替え工事のメンテナスを行いました。以前の建物の雰囲気をそのままにする為同系色での塗装としました。工期 約3週間

リノベーション・老朽化対策の写真3

施工中 ①

はじめに建物全体に付着しているホコリや汚れを高圧洗浄機で洗い落としていきます。

リノベーション・老朽化対策の写真4

施工後 ①

これでコンクリート面もキレイになりました。

リノベーション・老朽化対策の写真5

施工中 ②

錆止めを塗りその後耐候性に優れた塗料を塗っていきます。※シリコン系塗料を採用

リノベーション・老朽化対策の写真6

施工後 ②

中塗りをしているところです。その後仕上げの上塗りをしていきます。

リノベーション・老朽化対策の写真7

施工中 ③

窓廻りのコーキングも全て撤去して新しく打替えました。
※年数が経過するとサッシ廻りのコーキングの劣化による雨水等の浸入が見られるようになります。現在雨漏れの症状がなくても外壁の改修(足場をかけているうちに)の際に打替え工事をすることはとても重要です。

リノベーション・老朽化対策の写真8

施工後 ③

きれいに打替え出来ました。これで次のメンテナンスまで安心です。

リノベーション・老朽化対策の写真9

外壁の改修のポイント

外壁の改修では、通常足場を架け、普段確認することが出来ない高い位置の外壁の状態(損傷や汚れ)などの点検も行います。
また、サッシ廻りのコーキングも外壁とともに劣化するので、このタイミングでコーキングの打替えもしておきます。

※足場を架けての作業が必要となる箇所については、出来る限りまとめて修繕を行うことで、足場費用(その度に架けなくて済む)も抑えることができます。

 

完成/2021年2月完成 カテゴリ/個人住宅(戸建て)、屋根・外壁・外構、リノベーション・老朽化対策 投稿日/2021-04-03

『リノベーション・老朽化対策』のリフォーム一覧

『リノベーション・老朽化対策』の最新リフォーム