高槻市 小阪工務店へのお問合せ

高槻市の保育園・認定こども園等(2・3号)、令和5年4月入園受付開始!

 カテゴリ/高槻Life 投稿日/2022-11-04

気が付けば、今年も残り2か月。
高槻市でも来年の春に向けて、10月31日から保育園・認定こども園等の入園申込受付がスタートしました。
 

高槻Lifeの写真1

現代の子育て世代にとって、保育園・認定こども園の入園手続きは、大きな難関の一つ。
地域差もありますが、「大学よりも入るのが難しかった!」という先輩パパ・ママの体験談を聞き、戦戦恐恐としているご家庭も多いのではないでしょうか。
 
今回は、高槻市の保育園・認定こども園等の4月入園申込について、詳しくまとめてみました☆
 
まず、高槻市の保育園・認定こども園等を利用するためには、「認定」というものを受けなければなりません。
認定には、3つの区分があります。
 
「1号認定」は、子どもが満3歳以上で、4時間(教育標準時間)程度の利用を希望する場合です。
いわゆる昔ながらの「幼稚園」のイメージですね。
 
「2号認定」は、子どもが満3歳以上で、保育認定を受けた場合、「3号認定」は、子どもが満3歳未満で、保育認定を受けた場合をいいます。
こちらが、従来の「保育園」にあたります。
 
「2・3号認定」を受けるためには、すべての保護者が「保育認定の事由」に当てはまっていなければなりません。
 

高槻Lifeの写真2

https://www.city.takatsuki.osaka.jp/uploaded/attachment/25545.pdf より
 
さらに、保育認定と同時に、「保育必要量」の認定も行われます。
「保育必要量」とは、「1日に保育施設等を利用できる最大時間」のことです。
各家庭の就労時間等により、「保育標準時間(=1日最大11時間利用可能)」と「保育短時間(=1日最大8時間利用可能)」とに区分されます。
 
次に、認定を受けた希望者に対して、市が基準にもとづいて、利用調整(選考)を行います。
選考の基準は、高槻市のHPに明示されています。
 

高槻Lifeの写真3

https://www.city.takatsuki.osaka.jp/uploaded/attachment/25545.pdf より
 
この他にも、調整点数等ありますので、さらにくわしく知りたい方は、
https://www.city.takatsuki.osaka.jp/soshiki/44/5300.html
をご覧ください。
 
高槻市保育園・認定こども園等入園申請(令和5年4月入園)
【申込期間】令和4年10月31日~11月18日(1次選考)
※ ただし、令和4年11月以降生まれは、出生届提出後、12月2日まで。
※ 求職中での申し込みは、2次選考(~令和5年2月14日)からの対象となります。
【対象児童】生後57日目(産休明け)~就学前
【必要書類】申込書、母子健康手帳、保育の必要性が確認できる書類等
必要書類は世帯によって異なります。必ず事前にお問い合わせください。
【問い合わせ先】高槻市 保育幼稚園事業課 072-674-7692
 
申請は、郵送でも窓口でも可能です。
郵送の場合は、11月18日までに必ず届くよう注意しましょう。
また、この期間、窓口受付は完全予約制になります。
来庁して提出する場合は、事前の電話予約をお忘れなく!

今年度の事前説明会は終了してしまいましたが、高槻市のHPには、詳しい内容を動画で見られるページがあります。
 

高槻Lifeの写真4

https://youtu.be/1hMQgdC2l_o より
 
こちらもあらかじめ見ておくと安心ですね♪
 
その他にも、昨年の内定最低点や内定保留者数がわかるページもあります。
https://www.city.takatsuki.osaka.jp/site/waiwai/29505.html
昨年の選考結果を参考に、入所しやすそうな保育所を狙うのも一つの方法です。
ただ、大切な我が子を預けるのですから、入所希望の保育園・こども園は、必ず見学等、事前リサーチをして、不安なく通わせ続けることができるのか、しっかりとチェックしておきましょうね。
 
「保活」は、これから続く長い子育て人生の第一歩。
うっかりと申請期限をオーバーしてしまったり、必要書類を忘れてしまったりすることなく、早め早めの準備を心がけましょう^^
 

高槻Lifeの写真5

 カテゴリ/高槻Life 投稿日/2022-11-04