「びっくりカーテン」って高槻の会社だったんですね !!

 カテゴリ/高槻Life 投稿日/2020-01-23

2020年がスタートしてまもなく1か月。
せっかく新年になったのだから、気分を一新したいという人におすすめの素敵なカーテンショップをご紹介します☆
 
皆さんは、「びっくりカーテン」をご存じでしょうか?
 

高槻Lifeの写真1

https://www.bicklycurtain.com/
 
「びっくりカーテン」は、品揃えが豊富なうえ、1cm単位での幅直し・丈直しにも対応してくれるオーダーメイド感覚が好評なカーテンとインテリアの専門店です。
これまではオンラインでの販売がメインでしたが、昨年暮れには、東京・吉祥寺に実店舗もオープンしました。
 

高槻Lifeの写真2

https://www.bicklycurtain.com/present/2020/01/21/bicklycurtain_closet_kichijoji/
 
実は、このお店、運営会社は高槻市松原にあります。
こんなにお洒落なお店の発祥の地が高槻だなんて、なんだか嬉しくなってきますよね(^_-)-☆
 
海外では長い歴史を持つカーテンは、古代エジプト文明でも使われていたと伝えられています。
なんとローマ時代の絵画にも、カーテンと思われるものが描かれているそうですよ。
日本でも、外国人が住む長崎の出島では、すでに江戸時代の初期から使用されていました。
明治維新後は、「窓掛け」という名称で日本人の間でも使われるようになりましたが、まだまだ上流階級専用の高価なものばかり。
やっと昭和30年代、いわゆる「団地ブーム」とともに一般家庭に普及し始めたのです。
 

高槻Lifeの写真3

カーテンには、暮らしに役立つ様々な機能が備えられています。
遮光はもちろん、防音、目隠し、間仕切りなどの観点から、人口密度が高い現代の日本の住宅には欠かせない存在となりました。
遮熱効果の高いカーテンは、省エネの面でも重要な役割が期待されています。
 
 
 
さらに、近年、カーテンは「インテリアの一つ」として大きな注目を集めるようになってきました。
これまでは、部屋の家具やクロスの雰囲気に合わせて選ぶのが当然だったカーテン。
どちらかというと、当たり障りのない無地など控えめなものをチョイスすることが多かったのではないでしょうか。
 

高槻Lifeの写真4

でも、カーテンは、閉めると部屋の壁のかなり広い面積を占めることになります。
「ここにこそ自分の個性を主張したい!」
そんな「ファッションとしてのカーテン」を選ぶ人が年々増えてきているのです。
 
まさに「びっくりカーテン」は、そんなセンスあふれる人たちが集うカーテンショップ。
それでもオンラインだけでは不安だという人のために、吉祥寺店とは異なり完全予約制ですが、高槻にも「びっくりカーテン」のショールームが用意されています。
【住所】高槻市松原町4-4 TJ松原ビル2F
【予約電話番号】0120-390-790
 
「そういえば大掃除のとき、カーテンの汚れが気になった…。」という人はもちろん、「新年に住まいのイメージを変え、気分を一新したい!」という皆さん、まずはカーテンの新調から始めてみてはいかがでしょうか!?
 
年の初めにご自宅の「住み心地」について考えるのはとても大切なこと。
よりよい生活空間を求めてリフォームをお考えの方は、ぜひとも小阪工務店にご相談ください。


 

 カテゴリ/高槻Life 投稿日/2020-01-23

『高槻Life』の一覧