新春恒例 消防出初式

 カテゴリ/高槻Life 投稿日/2020-01-13

令和2年1月12日、恒例の高槻市消防出初式が開催されました。
心配された雨も何とか持ちこたえ、朝からたくさんの人たちが、高槻市立第一中学校に集まってきます。
 

高槻Lifeの写真1

午前10時、セレモニーがスタートです。
分列行進の先頭を切って、高槻市消防音楽隊が進みます。
 

高槻Lifeの写真2

はにたんの姿も見えますね!
 

高槻Lifeの写真3

消防本部、消防団、自衛消防隊など、高槻市の安心安全を守る消防関係の人たちが次々と目の前を行進していきます。
 

高槻Lifeの写真4

そして、場内にサイレンの音がこだますると・・・
 

高槻Lifeの写真5

普段はなかなか見ることのできない、消防車両のパレードです!
子どもたちの目もキラキラと輝き始めました。
 
圧巻は、やはりはしご車!
最前列で見ていると、思わずのけぞってしまいそうな迫力です。
 

高槻Lifeの写真6

濱田市長による視閲官訓示や感謝状の贈呈など、式典が進行していきます。
昨年、高槻市では、幸い大きな災害被害はなかったものの、火災は前年より1件増え、63件にものぼりました。
統計上では、5日~6日に1度の割合で起こっているということになります。
夏に発生した、スプレー缶の取り扱いが原因とされる高槻・柱本の爆発火災は記憶に新しいことでしょう。
訓示や祝辞、消防長・消防団長の答辞などを聞き、火事や災害の恐ろしさとともに、それに臆せず立ち向かう人々への感謝の念を新たにしました。
 

高槻Lifeの写真7

消防音楽隊の演奏に続き、消防団の小型ポンプ操法訓練が披露されます。
昨年、大阪府消防大会で敢闘賞を受賞したそう。
キビキビとした団員の動きが印象的でした。
 
そして、出初式といえば・・・
 

高槻Lifeの写真8

お待ちかねのはしご乗りです!
「町火消し」の頃から変わらない伝統的な超人技の数々。
日々の鍛錬の成果に、場内からは驚きの声と大きな拍手が湧き起こります。
 

高槻Lifeの写真9

最後は一斉放水です。
「わあ、すごい!」
隣からは、お母さんと幼い子どもの会話が聞こえてきます。
「ぼく、大きくなったら消防士さんになる!」
「好き嫌いせんと何でも食べて、勉強もたくさんせなあかんよ。頑張れる?」
「うん、もちろん!」
市民の命と財産、そして高槻の未来を守るため、日夜戦う人々。
子どもたちにとっては、どんなヒーローよりもカッコいい存在なのです。
 
本年が災害のない平和な一年となりますように・・・。
消防関係者の人々の熱い思いと市民の皆さんの切なる願いが一つになった今年の出初式でした!
 

高槻Lifeの写真10

 カテゴリ/高槻Life 投稿日/2020-01-13

『高槻Life』の一覧