エコ意識を高めよう!

 カテゴリ/高槻歳時記 投稿日/2018-11-18

よく行くスーパーで見かけたこの貼り紙。
皆さん、いったい何の数字か分かりますか!?

高槻歳時記の写真1

5月までは42.6%だった数字が、6月には急に76.6%まで跳ね上がっています。
そう、これは、あるスーパーに来るお客さんのマイバッグ持参率を表わしたもの。
 
平成30年6月1日から、北摂7市3町の大手スーパーが足並みを揃え、レジ袋の無料配布を中止した結果、お客さんのエコ意識が上がったことを示す数値だったのです!

高槻歳時記の写真2

これまでも、一部のスーパーで行われていたレジ袋の有料化でしたが、なかなか効果が上がらないのが現状でした。
そこで、ここ高槻市も含めた北摂の7市3町の自治体と大手スーパーがタッグを組み、本格的にマイバッグ促進運動を始めたのです。

高槻歳時記の写真3

これら10市町の人口を合わせると、約180万人。
なんと大阪府全体の約5分の1にあたります。
これだけの人々を巻き込んで行う、「マイバッグ運動」は全国でも異例のこと。
成功するかどうか、注目を集めていましたが・・・。
 
その結果は、冒頭の写真でもお分かりの通り!
各自治体からまとめられたデータを見ても、
 5月 46.8% → 6月 76.6%
と大幅な持参率アップが実現されました☆
 
中でも、高槻市は、
5月 39.8% → 6月 77.7%
と7市の中でも最高の伸び率!
 
確かに、私たちの生活を振り返ってみると、
「買い物に行くときはエコバッグを持つ」
という意識が、少しずつ根付いてきたような気がします。

高槻歳時記の写真4

先日、幼稚園からの帰り道、子どもと遠足のおやつを買いに行ったときも・・・。
今までなら「自分で持ちたいから別のレジ袋に入れてください!」と言っていた娘が、自分の通園カバンを差し出し、「エコバッグ忘れたので、ここにお願いします!」と頼んでいたのには、本当に驚かされました(^O^)
 
「レジ袋は、もらえるのが当たり前」から、「エコバッグは、持っていて当たり前」の時代に・・・。
今回の北摂7市3町の取り組みは、エコに対する大きな意識改革の第一歩となりそうな予感ですね!
 
高槻市では、この他にも、「高槻市エコショップ認定制度」を行っています。
高槻市に認定申請し、エコショップとして認められた店舗には、可愛いエコ模様のはにたんステッカーが贈られます。
 
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/86/nijyuukyu%20ecoshop%20tirasi.pdf
 
さらに、市ホームページ上で、お店の紹介までしてもらえる特典付き♪
 
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kakuka/sangyou/sigenjun/gyomuannai/ecoshop/ecoshop_syoukai/index.html
 
環境を守るということは、子どもたちの未来を守るということ。
レジ袋削減やエコショップ等の取り組みを手始めに、まずは、私たち大人がお手本となり、エコ意識をより一層、高めていかなければなりませんね!

 カテゴリ/高槻歳時記 投稿日/2018-11-18

『高槻歳時記』の一覧