こども文化祭

 カテゴリ/高槻歳時記 投稿日/2018-10-09

「文化」って何?
毎年秋、高槻で開催される「こども文化祭」は、そんな子どもたちの素朴な疑問を吹き飛ばしてくれるワクワクいっぱいのイベントです!
 
平成30年10月6日、高槻市恒例の「こども文化祭」が高槻現代劇場で行われました。
高槻祭りやジャズストに比べると知名度は低いですが、実はリピーターの親子連れも多いというこのイベント。
今回は、潜入取材してみました(^^)v

高槻歳時記の写真1

早速、エレベーターで3階に上がると、どこからともなく和の音色が聞こえてきます。
音のする方へと近づいていくと・・・

高槻歳時記の写真2

その正体はお琴!
優しい先生方が、雅やかに手ほどきしてくださいます♪
あっという間に「チューリップ」の曲が完成です。
 
隣の部屋では、お茶席が設けられていました。

高槻歳時記の写真3

美味しいお茶菓子と心を込めて立てられたお抹茶をいただきます。
費用は1人100円。
器を回すお作法も教えてもらいました☆
 
次はいけ花です。
こちらは、事前申込制(当日1人300円が必要)でした。

高槻歳時記の写真4

真剣な眼差し。
幼い「文化人」たちが思い思いの作品を創り上げていきます。
 
ここまで和の文化をご紹介しましたが、もちろんそれだけではありません。
いけ花の隣では、クラウン姉弟による大道芸ショーが!

高槻歳時記の写真5

初めて見る道化師の姿を怖がっていた子どもたちも、いつの間にかコミカルでダイナミックなパフォーマンスに釘付け。
梯子からの宙返りが決まった瞬間は、大きな歓声が沸き上がっていました。
 
ショーを楽しんだあとは・・・

高槻歳時記の写真6

お待ちかねのお絵かきの時間!
絵の具やクレパス、折り紙などを使い、素敵な作品を仕上げます。
 
粘土遊びも楽しそう♪
夢中になって制作する「画伯」たちには、服や机の汚れなんて一切関係ありません!

高槻歳時記の写真7

ついたての向こうからも、子どもたちの賑やかな声が聞こえてきます。
どうやら、バレエレッスンの真っ最中のよう。

高槻歳時記の写真8

こちらも事前申込と300円の参加費用が必要。
それでも今回は応募者多数で、抽選になるほどの大盛況ぶりだったそう。
 
可愛いバレリーナたちが活躍したあとは、人形劇の時間です。

高槻歳時記の写真9

キラキラと輝くたくさんの小さな瞳が、愉快な蛙たちの一挙手一投足を見つめます☆
 
この他にも、工作コーナーやクラシックコンサートもあり、朝から夕方まで満喫できる盛りだくさんの内容となっていました。
「文化祭」というと何だか小難しい気がしますが、これなら小さなこどもからパパやママ、おじいちゃん、おばあちゃんも、気軽に参加することができますね。
 
一日遊び回ったら・・・。
ほら、子どもたちもきっと「『文化』って何?」の答えを自然と見つけ出せたはずです(^_-)-☆
「こども文化祭」がきっかけとなり、高槻から世界に羽ばたく音楽家や芸術家が誕生するかもしれませんね!!

高槻歳時記の写真10

 カテゴリ/高槻歳時記 投稿日/2018-10-09

『高槻歳時記』の一覧